本文へスキップ

PAC法律事務所は船橋駅北口から徒歩3分、経験豊富な弁護士3人の法律事務所です。

TEL. 047-407-4710

〒273-0005 千葉県船橋市本町6-3-16   
レックスマンション601号

当事務所の方針当事務所の方針

弁護士の紹介

当事務所の所属弁護士をご紹介します。

弁護士一覧

 弁護士 佐 藤 彰 一  Shoichi Sato
 弁護士 南 川   学  Manabu Nankawa
  弁護士 南 川 麻由子  Mayuko Nankawa

弁護士 佐藤彰一 (さとうしょういち)

主な取扱分野・得意分野など

  • 障害者の権利擁護支援

主な経歴・肩書

  • 立教大学教授、法政大学教授を経て、現在国学院大学教授、上智大学非常勤講師      
  • 千葉県弁護士会所属
2000年9月
弁護士登録       
2012年4月
東京都千代田区にて佐藤彰一法律事務所(現PAC法律事務所)を開設
2014年5月
千葉県船橋市に移転し、事務所名をPAC法律事務所に改称

主な著書・論文

  • 「権利擁護支援の基本」『権利擁護支援と法人後見』ミネルヴァ書房(2015)
  • 「意思決定支援」『権利擁護支援と法人後見』ミネルヴァ書房(2015)
  • 「虐待防止への視点 〜虐待の背景と現状を踏まえて〜」 実践成年後見61号(2016)
  • 「日本の成年後見制度の現状と変革の方向 --意思決定支援へのパラダイム転換に向けて--」 草野芳郎・岡孝編「高齢者支援の新たな枠組みを求めて」白峰社(2016)
  • 「アドボケイト活動と『意思決定支援』」 和田仁孝先生還暦記念論文集『振舞いとしての法 ―知と臨床の法社会学』法律文化社(2016)
  • 「虐待防止法施行後3年 法律分野での課題」 発達障害研究38巻2号(2016)
  • 「日本の成年後見制度の現状と課題―成年後見制度利用促進法と権利擁護」旬報社 賃金と社会保障2016年7月上旬号

弁護士 南川学 (なんかわまなぶ)

主な取扱分野・得意分野など

  • 刑事事件(被疑者弁護、被告人弁護、裁判員裁判)
  • 成年後見(開始申立、任意後見人・成年後見人・保佐人・補助人受任)
  • 相続(遺産分割、遺留分減殺請求、相続人調査、その他相続手続)
  • 遺言(遺言相談・作成、遺言執行者受任)
  • 債務整理(破産、個人再生、過払金返還請求)

経歴

2003年3月
立教大学法学部 卒業
2003年11月
司法試験合格
2005年        
弁護士登録(58期)
2005年10月〜
東京都新宿区・小林・福井法律事務所 勤務(〜2006年9月)
2006年10月〜
日本司法支援センター(法テラス)常勤スタッフ弁護士となる
2006年10月〜
長野県松本市・法テラス松本法律事務所 勤務(〜2010年1月)
2010年1月〜
千葉県千葉市・法テラス千葉法律事務所 勤務(〜2015年9月)
2015年9月
法テラス 退職
2015年10月〜
PAC法律事務所 所属

主な役職・所属など

  • 千葉県弁護士会所属
  • 日本弁護士連合会 刑事法制委員会 委員(2008年〜)
  • 日本弁護士連合会 刑事弁護センター 幹事(2015年〜)
  • 日本弁護士連合会 人権擁護大会 運営委員 (2013年〜2015年)
  • 千葉県弁護士会 刑事弁護センター 委員 (2010年〜)
  • 千葉県弁護士会 裁判員法運用対策プロジェクトチーム 委員(2010年〜)、座長(2013年〜2016年)
  • 千葉県弁護士会 高齢者障がい者支援センター 委員 (2013年〜)
  • 千葉県弁護士会 刑事法制委員会 委員 (2015年〜)
  • 千葉県弁護士会 常議員 (2016年度)

    

著書・論文

  • 『刑事弁護Beginners』(共著)現代人文社(2007)
  • 『Q&A 心神喪失者等医療観察法解説 第2版』(共著)日本弁護士連合会刑事法制委員会編 三省堂(2014)
  • 「刑事弁護の担い手を目指す-あるブラジル人青年の弁護活動を通じて」本林徹=大出良知=土屋美明編『市民と司法の架け橋を目指して : 法テラスのスタッフ弁護士』日本評論社(2008)
  • 「地域におけるスタッフ弁護士の役割」季刊刑事弁護58号97頁 現代人文社(2009)
  • 「医療観察法の概要」季刊刑事弁護63号10頁 現代人文社(2010)
  • 「〈Q&A少年事件〉抗告審での付添人活動」季刊刑事弁護68号 現代人文社(2011)
  • 「被告人の供述態度による事実認定への影響」季刊刑事弁護70号46頁 現代人文社(2012)
  • 「検察官控訴に対応する」季刊刑事弁護74号46頁 現代人文社(2013)
  • 「裁判員裁判と直接主義・口頭主義」石塚伸一=岡本洋一=楠本孝=前田朗=宮本弘典編『近代刑法の現代的論点』足立昌勝先生古稀記念論文集 社会評論社(2014)
  • 「殺人未遂事例で考える1−矛盾供述による弾劾」季刊刑事弁護81号58頁 現代人文社(2015)
  • 「ドイツ連邦共和国における司法取引制度の実情調査報告」自由と正義66巻10号68頁(2015年10月号)
  • 「外国人事件における困難に取り組んで」『刑事弁護Frontier』 現代人文社(2015)    

弁護士 南川麻由子 (なんかわまゆこ)

主な取り扱い分野・得意分野など

  • 離婚、財産分与、慰謝料請求、養育費、面会交流、親権問題
  • 成年後見(開始申立、任意後見人・成年後見人・保佐人・補助人受任)
  • 相続(遺産分割、遺留分減殺請求、相続人調査、その他相続手続)
  • 遺言(遺言相談・作成、遺言執行者受任)
  • 債務整理(破産、個人再生、過払金返還請求)
  • インターネット関連トラブル
  • 労働(労働者側、使用者側)
  • 中小企業経営相談

経歴

  • 国際基督教大学教養学部社会科学科 卒
  • 卒業後、約4年間NTT(株)、NTT東日本(株)勤務
2003年
司法試験合格
2005年
弁護士登録(58期)
2005年10月〜
東京都千代田区・片岡総合法律事務所 (〜2007年6月)
2007年8月〜
長野県松本市・竹内永浩法律事務所 (〜2010年3月)
2010年4月〜
千葉県市川市・弁護士法人リバーシティ法律事務所 (〜2016年3月 )
2016年4月〜 
PAC法律事務所所属

主な役職・所属など

  • 千葉県弁護士会所属
  • 日本弁護士連合会 高齢者障がい者支援センター 委員 (2016年〜)
  • 千葉県弁護士会 高齢者障がい者支援センター 委員(2012年〜)、成年後見実務プロジェクトチーム座長(2013年〜)
  • 千葉県弁護士会 高齢者障がい者支援センター京葉支部  委員(2014年)
  • 千葉県弁護士会 法教育委員会 委員(2010年〜)、副委員長(2011年〜)
  • 千葉県弁護士会 常議員 (2015年度)
  • 全国倒産処理弁護士ネットワーク 会員
  • 情報ネットワーク法学会 会員
  • 関東信越地方年金記録訂正審議会 委員 (2015年〜)
  • 市川市行政不服審査会 委員(2016年〜)

著書・論文

  • 「図解入門ビギナーズ 最新刑事訴訟法の基本と仕組みがよーくわかる本」(共著)秀和システム(2011年)
  • 「図解 すぐに使える!契約書式文例集」(共著)秀和システム(2011年)
  • 「これからの法教育〜さらなる普及に向けて」(共著)現代人文社(2011年)
  • 「慰謝料算定の実務第2版」(共著)ぎょうせい(2013年)   
   

バナースペース

PAC法律事務所

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-3-16 レックスマンション601号

TEL 047-407-4710
FAX 050-3730-7917